プログラミング教育

2020.02.06
『マンガでなるほど! 親子で学ぶ プログラミング教育』発刊

報道関係者各位

いつも大変お世話になっております。

2020年2月6日、株式会社インプレスより石戸奈々子(CANVAS理事長)が
監修を務める書籍 『マンガでなるほど! 親子で学ぶ プログラミング教育』が発売されました。
https://book.impress.co.jp/books/1119101015

本書は、インスタグラムで人気の育児マンガ家 マルサイ家を舞台に、
「プログラミング教育ってなんだろう?」の疑問に、プログラミング教育の最前線で活躍する「ナナコ先生」がやさしく解説していきます。
義務教育で必修化された目的やプログラミング的思考力の真意、プログラミングワークショップルポなど、小学校で実際の授業がスタートする前にマンガで疑似体験できる、IT知識ゼロでもわかるおもしろストーリーです。
プログラミングで広がる子どもたちの未来に、お母さんお父さんもワクワクする一冊です。

また、ICT教育情報サイト「こどもとIT」の特設ページにて、
発売を記念して、本書の「プロローグ」「第1章」にあたる巻頭カラーマンガ、全27ページが無料公開されました。
今春から小学校でスタートするプログラミング教育の「ねらい」や、「プログラミングってなに?」といった本書の冒頭部分を読むことができます。
https://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/kodomo_it/news/1232802.html

ご多用のこととは存じますが、
是非、貴社媒体を通じて本書を広くお知らせいただきたく、
ご検討くださいますようお願い申し上げます。
貴社媒体にお取り上げ頂けます場合には、お手数ではございますが
ご一報下さいますよう、お願い致します。


 ★『マンガでなるほど! 親子で学ぶ プログラミング教育』発刊のお知らせ
 リリース本文
http://canvas.ws/pdf/press/canvas_press_20200206.pdf

 ★「こどもとIT」特設ページ 発売記念、巻頭カラー27ページを無償公開!
https://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/kodomo_it/news/1232802.html

 ★2020年3月31日までの早期購入キャンペーンも実施中!
 オンライン書店にてご予約またはご購入の上、2020年3月31日(火)までにキャンペーンページより申し込みいただいた方を対象に、「タイピング練習帳」PDFを限定プレゼントいたします。
https://book.impress.co.jp/readers_entry/9784295008217yoyaku.html

 ★Amazonページはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4295008214/


==============================================================
書籍データ
==============================================================

書名:マンガでなるほど! 親子で学ぶ プログラミング教育
著者:マルサイ 漫画・石戸奈々子 監修
発売日:2020年 2月6日(木)
ページ数:128ページ(巻頭カラー)  サイズ:A5 判
定価:本体 1,360円+税
電子版価格:1,360円+税(2月6日発売予定)
発行元:株式会社インプレス

==============================================================
著者プロフィール ==============================================================

漫画/マルサイ
マンガ家。夫と男子3人の5人暮らし。日々の子育てや食卓の様子を紹介したインスタグラムが大好評。著書に『男子が3人います。』『がんばらなくてもデキてる風 めんどくさがり母さんの最強ずるメシ』(大和書房刊)などがある。

監修/石戸奈々子(いしど ななこ)
NPO法人CANVAS理事長/株式会社デジタルえほん代表取締役/一般社団法人超教育協会理事長
慶應義塾大学教授博士(政策・メディア)

東京大学工学部卒業後、マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員研究員を経て、NPO法人CANVAS、株式会社デジタルえほん、一般社団法人超教育協会等を設立、代表に就任。慶應義塾大学教授。総務省情報通信審議会委員など省庁の委員多数。
NHK中央放送番組審議会委員、デジタルサイネージコンソーシアム理事等を兼任。政策・メディア博士。
著書に「プログラミング教育ってなに? 親が知りたい45のギモン」(ジャムハウス)「子どもの創造力スイッチ!」(フィルムアート社)他、監修に「どんどんめくってはっけん コンピュータのひみつ」「さわって学べるプログラミング図鑑」(学研プラス)など。
これまでに開催したワークショップは 3000回、約50万人の子どもたちが参加。
実行委員長をつとめる子ども創作活動の博覧会「ワークショップコレクション」は、2日間で10万人を動員する。
デジタルえほん作家&一児の母としても奮闘中。
http://creativekids.jp/


<本件に対するお問合せ>
CANVAS広報 information@canvas.ws